忍者ブログ

sometimesUC,sometimesION

主にリハビリの日々を書いてます。早く歩けるようになれますように!

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらくぶりです。

2年前にした、骨頭回転術の際にいれたボルトを抜く手術をしてきました。

入院期間は3/22-4/1というなんとも短期間で、前に比べると1/10くらいのしんどさでした。前のはほんとしんどすぎたしな・・・。
腰椎麻酔で、腰から下というか、左足の手術だったので左足のみの麻酔。それでもなかなか麻酔が効かず、先生もしびれを切らしたのか「もう切るでー」と麻酔がまだかかりきってないのにメスを入れる始末。「痛かったら痛いっていってねー」「痛い!!っ」と即回答の私。すみませんすみません先生。お酒は弱いのですが、麻酔がなかなか効かなかったのは前回も同様で、多分「ひねくれ者」だからかもしれません。手術自体は1時間ほどで終了し、抜いたボルトはお土産にもらいましたが、10センチ×3本、その他もろもろで、結構凄いもの入ってたんだなーという感想。その後、麻酔が溶けるとやはり熱・吐き気がありましたが、2日ほどで回復。麻酔が溶けたあとはやっぱり足動かない、と思ってたのですが、それから2日後に片松葉杖に、3日後にくつ下もはけたし、今術後2週間目ですが、かなりびっこひいてますが、室内は杖無しで歩けてます。外はちょっとしんどい。状態としては昨年の4月ごろ(回転術1年後)の状態に戻ったような感じです。やっぱり手術前にはもっとサクサク歩けてたのにー・・・と思うところはあります。どれくらいかっていうと、電車にのるとなるとホームは段差が激しいので折りたたみ杖は持っていきますが、広いIKEA店内を杖無しで1周できた、というくらいには歩けてました。でも、回転術の後はほんと全く歩けなかったので、(松葉杖2本→片方→ロフスト→折りたたみ杖→杖なし)それを思えば全然よかったです。

 とはいうものの・・・

入院中のストレス?なのか、UCが1年3カ月ぶりに再燃。手術して、5日後くらいから徐々に下血しはじめてとまらなくなって、退院してすぐUCの先生に診てもらったのでした。そしてペンタサ注腸(ステロイド入り)をしたら若干おさまりました。これのほうがショック。もう治ったかなと思って最近はペンタサさえ服用しておらず、一般人と全く同じ食事をしてた罰でしょうか。とりあえずまたペンタサを服用しております。早く落ち着いてくれればいいのになあ。

PR

すみきちさんのブログに書いているバンクーバーのillycaféの写真を見てから、illyに行きたくてたまらなかった。調べると難波にはあるということはわかったのだが、まさか西梅田にあるなんて!友人と会う機会があったので、さっそくillyへ行ってきた。普段は絶対に飲まないカプチーノを♡ミルクマークのために飲む。やはり苦いので砂糖を全部入れた。イリーは砂糖も可愛い。店内は真っ赤でスタイリッシュで素敵。また行きたいな~。

今週は火曜に肩の病院に行ってきた。6月に行ったとき、レントゲンでみると痛みのない左肩のほうが損傷が激しそうなのでMRIをとるということになったのだ。案の定左のほうが壊死範囲が広いのだが、壊死の範囲が時計でいうなら3-4時くらいのところうに集中していて、骨頭のまん中らへんなのだ。痛みを感じる右は11-12時というてっぺんのところが壊死しているから、壊死が小さくてもときどきすごく痛い。というような話を先生として、終わり。先生はこのまま持つんじゃないかと言っていた。それに右股間節が最近痛いということを言うと、右股間節のほうが肩より先に悪くなるから、安心しなさいと言われた。それもまた安心できないんですがね。ええ。私にはほんとに時間がないということを最近思う。

   昨日、2か月ぶりの整形外科に行ってきたら、ものすごく混んでいて先生がものっそ疲れていてあんまり話せなかった。しかし、吸収性ボルトだからと言われていたわたしのボルトだがやっぱりボルト抜きはしなくてはならないらしい。大体1年半~2年くらいで抜くらしく、私の場合はもう今の時点で画像にも骨頭がつぶれているのがわかるので、抜くときになんとかできないかな(つまりまたいじくり直すような・・・)とのことらしい。とにかく先生は疲れていて思考が回っていない様子だったので、この話は早めに切り上げて終わったのだが。うーん、1年半となると、今年の下半期か来年の頭だなーということになる。今年の下半期もいろいろやりたいことが多いので来年かなあという気がする。お正月もあるし、お正月は家でゆっくりして体調を整えてから入院すべきかもしれない。ボルト抜きは多分2週間くらいの入院ですむのだが、すぐに通常の仕事には復帰できないからその後もまた休むと考えると・・・。また麻酔するのいやだなとか、ボルト抜いてもちゃんと歩けるのかな、とかし心配はつきないが、根本があっけらかんとしている部分もあるので寒い時期なのでしばらく病院におるのもいいかなとか考えてしまう。うーん・・・とにかく困った困った。
術後1年経ちました!

今日3/13は手術の日でした。今19時30分ですが、13時00分から始まった手術がこの時間に終了したので本当に長くかかった手術でした。それからもなかなかよくならなかったり、術後半年の時はまだまだ痛いしうまく歩けなかったのですが、その後の半年で本当に良くなりました。まだまだびっこは引いていますが、ちょっとの距離ならもう外でも杖無しで歩けるようになりました。今後も少しずつでしか前に進めないとは思いますが、頑張っていこうと思います。
ホームページでいつもコメントくださる方、こっそりロムって下さってる方もすべての方に感謝します。
本当にありがとうございます。

  という頑張っている人の講演を聞きにいったにもかかわらず、私自身頑張れてない。整形の先生のところに行って上腕骨頭壊死って行ったら「ええーっ」ってめっちゃびっくりしてた。両手万歳してびっくりして、「ショックやわ」って言われた。私のほうがショックなんですが・・・。でも歩き方よくなってきたって言われた。いつも怒られてるからな・・・「全然ダメっ!」って。珍しく褒められた。でも膝とか股関節よりマシだと思うよー体重かからないから壊死が進行していかないからとのことだった。だから壊死しても手術まで行く人も行かない人もいるらしい。それを聞いて少しほっとする。しかし右ひざも痛いことは痛くて、それを先生に言えず・・・。うーん・・・。膝も壊死してるかもなー。もーやだー!股関節がやっと終わったのに腕とか膝とかいつになったらこの痛みから解放されんねん、っと思う。UCがここんとこ調子良いのがせめてもの救いなのだが。そういうわけでリハビリ頑張れてない。膝はやっぱり体重がかかるから悪くなるんだろうなーでも股関節のトレーニングのためには体重かけなきゃいけないし。膝には力いれないで股関節だけ力入るトレーニングをだれか教えて下さい。なんか最近カウンタがやたら回っているのにあんまり更新せずにすいません。もうちょっと良くなったら更新します。

日々のひとこと

CALENDER

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SEARCH THIS SITE

COMMENT

[09/06 ryoko]
[04/05 NONAME]
[05/30 ガンバ]
[01/04 福ママ]
[10/31 ryoko]
| HOME Next >>
Copyright ©  -- sometimesUC,sometimesION --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]