忍者ブログ

sometimesUC,sometimesION

主にリハビリの日々を書いてます。早く歩けるようになれますように!

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は整形の診察の日でした。

わ「こんにちわ~」
D「どう?調子は。」
わ「え?」
D「潰瘍性大腸炎の。」と言いつつ先週UCの主治医が書いたカルテを見てる
わ「あの、ペン注・・・注腸をしているんですけどそれをしたら治まりました。」そういや先週廊下で会ったな・・・→前回診療参照
D「今はもう止まってる?」
わ「はい、止まってます」
D「MR撮ってもらったんだけど、」この前撮ったMR画像見てる
わ「はい・・・」
D「右も若干壊死がある気がするね」
わ「この黒いところですか?」上部若干半月型にうっすら黒い
D「そうそう」
わ「あーはい。」
D「で、左も・・・ここんとこ、水がたまってる」骨頭を囲むようにして右上と左下に水のような白いところが見える
わ「え、水がたまったらどうしたらいいですか、抜くんですか」
D「・・・」
わ「・・・」
D「MRで見たらやっぱりちょっと、潰れてる気がするね。骨頭が○のところがほら、ここちょっと平べったいでしょ」
わ「・・・はい」わーん
D「レントゲンじゃはっきりわからないからね・・・。潰れてるからやっぱり左にも痛みが出てると思うよ」
わ「・・・はい」じゃあ人工にしたら良かったってこと?潰れるの早すぎるやろ~
D「(12月のMR見て)12月から見てもこの半年で右の壊死はほとんど変わってないね。壊死というか・・・壊死なんだろうか。こういうのは見たこと無い」
わ「そうですか、左の壊死はすごく濁ってますもんね」でも潰れたってことは・・・
D「そう、濁ってないでしょ全然」
わ「はい。」でも潰れたってことは・・・
D「でも左のMR見てもまだまだ黒いしね」
わ「再生されれば骨頭が白くなってくるんですか?」
D「そう、でも黒いでしょ」
わ「はい」
D「やっぱり、ちょっと体重かけるのは更に圧潰させるだけだから、このまま1/2加重で行こう」
わ「・・・」今度こそ2/3になって片杖になれると思ったのに・・・
D「・・・」
わ「・・・」めそめそ
D「・・・つらいなぁ」
わ「・・・」めそめそ
D「もう少ししたらもっと良くなってくるから」
わ「・・・」ほんまかよ・・・めそめそ
D「がんばろな」
わ「・・・」もう十分がんばってるのに・・・めそめそ
D「次回どうする?」
わ「9月で・・・」もう9月といったら半年か・・・めそめそ
D「はい、じゃあ1か月後にね」
わ「・・・はい。ありがとうございました」・・・めそめそ

 というわけで泣きはらしたまま診察室を出たため後続の患者さんはびっくりされたかもしれないです。整形ってそんな重症な患者さんはほとんど見ないので、どんな難病?って。まあこんな難病なんですが。また杖なしで歩けるんじゃないか、走れるんじゃないか、ジャンプ出来るんじゃないかという希望があるからこそやってこれた、割と早い時期に車椅子乗れたり1/2加重になったりして上手くきたので、終盤戦(だと勝手に思っている)の停滞はきつかったです。あとまあ、IONのことだけじゃなく診察の前日に東京で働いている友人と会ったりしてその落差に凹んでいたこともある。
 主治医は潰れてるから人工にしよう、など時期早々な結論は何も言いませんでした。あの時点では経過観察、というか何とも言い様がないと思う。MRでの圧潰ははっきりと私にも見えたけれど、それでも二次性変形股関節症のSTAGEで言えば全然1くらいだと思う。臼がいはきちんと残っているし、大腿骨の首の部分はほぼ接合が完了されている。ただ自分で思うのは今後の状態を診ていって、その潰れた部分がそこで固まるというかそれ以上進行しないなら片杖にしたり、2/3加重にしたりしていくことができるのだろうけれど、もう潰れないだから大丈夫っていう見極めをするまでは凄く時間がかかる気がする。完全に杖をはずして歩けるようになるまでなんて、術後半年ではなくて、まだまだ長く時間がかかることではないか、今年はもう無理ではないかということが物凄く実感をもつものとして認識されたといった感じかなあ。

 そういうわけでとても凹んでいたのです。
PR

まだわかりませんよ~!

う~ん・・・つらそうですね。。。
でも骨切り手術はリハビリ2年などザラと聞きますし、先は長いかもしれませんけど、きっときっと、光が見える日が来ると信じています(危ない宗教みたい・・・)。
S大の先生によると、骨切り後6ヶ月間入院で、2年リハビリ、だそうですから。。。
術後の再生だって、今はまだ黒く写るかもしれませんが、まだまだわかりませんよ。

どうか、身体だけは無理せず、過ごしてくださいね。
心身ともに無理して、UCのヤツがイタズラしてきたら大変ですから。。。

かくいう私もUC再燃が少々長引いてます(^^;)。
内視鏡検査後、ますますひどくなった気がします。
でも医者には言えないですからねぇ・・・(私のことだから言うかもしれないけど、どうせ否定されるし)。
リンデロンを自己再開してます。
お互い、泣きながらでも、じっくり体調を整えて・・・いきたいものですね。

カウンセラー、やるんですか?
ほんとに立派ですね。感心します!

書くことしかできませんが、いろいろ、心から応援してます!
by ガンバ 2009/07/29(Wed)03:00:40 編集

そうですよね・・・

ガンバさんUC長引いてるんですね…。
リンデロン座薬再開されてるのですか。
先生に言えないところがつらいですよね。
それにガンバさんは手術控えてるし、UCのほうも早く良くなって欲しいですよね。

はい…まだ決断は早いと思うのですが…。
自分ではもう4か月と思ってますが
先生からしたらまだ4か月らしいです。
でもこの4か月だってどれだけしんどかったかと思うと…。
加重も1/2から次のステップにいけないのが辛いですね。
停滞期というか、確実に良くなってるていう結果があれば
この状況にも耐えられるんですが、MRで見ると明らかに圧潰してるんですね。
変形性股関節症でいえば初期のような状態ですが、
骨頭が○なのが( ̄)こういう感じになって上部が平べったくなってます。
元々壊死範囲が広かったから潰れてしまったのかなぁとか…
早期に加重をかけすぎたのか…
いつになったら杖なしで歩けるようになるんだろうとか…
あんなに再圧潰してたらもう2度と杖なしでは歩けないんじゃないんだろうかとか…
また人工に変えたらそりゃ歩けるだろうけど、また手術するなんて色々なリスクが高すぎるとか…
凹みっぱなしで、何してても涙が出てきます。
親には「診察どうやった?」って言われても、「良くなってるって言ってた」くらいにしか言えないですし。
正直何する気も起きません…。
凹んでばかりですいません。
by かんりにん 2009/07/29(Wed)11:52:09 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

日々のひとこと

CALENDER

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SEARCH THIS SITE

COMMENT

[09/06 ryoko]
[04/05 NONAME]
[05/30 ガンバ]
[01/04 福ママ]
[10/31 ryoko]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- sometimesUC,sometimesION --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]