忍者ブログ

sometimesUC,sometimesION

主にリハビリの日々を書いてます。早く歩けるようになれますように!

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日総合リハビリテーションセンターというところで、障害者手帳の申請用紙を書いてもらいにいってきました。ここは県の管轄で、主に障害者を中心としている医療機関なのです。だから車いすの人も杖の人も知的障害があるだろう人も本当にすごくたくさん見て…長くここにいるとこれが普通なのかもしれないとさえ思えてきます。そういう人が多すぎて、ある種の社会を作っているような感覚にさえ陥ります。普通の病院では車いすの人を見ても、みんな病院からの借り物の一時的な車いすを乗っていたりするのですが、ここの人の車いすはみんな自走用のコンパクトのものなのです。つまり車いすを使うのを常としている人ということです。周りにも養護学校、福祉パーク、幼稚園、など障害を持つ人に関連する機関が集まっているため、そういう感覚を見るのでしょう。

 私が通っている医大の先生は骨切りでは障害者手帳はかかない!という主義の人みたいで、リハビリ病院にそれを言うとリハビリ病院でも駄目といわれました。仕方がないので全然面識のない総合リハビリテーションセンターの医師に依頼しました。するとすんなりOKなのだけれど、とりあえず半年経たないと書けないから半年経ったらまた来てとのことで、昨日行ってきたわけです。

 先生は診断基準の表を私に見せ、股関節の基準はあまりにあいまいで、片側の股関節だけで123級になるのは今の診断基準ではありえない。最高でも4級で、そして4級というのは人工関節で、と一応説明してくれた。だからあなたの場合は最高で5級だね、と。診察台で見るも、5級の判断基準が30度以下であるというのは屈曲のことで、屈曲30度というのはまずありえないので(たぶん入院中にも70度くらいはいけてた気が・・・)徒手筋力テストが3だから5級ということにしたらい。徒手筋力テストというのも非常にあいまいなものだと前から批判を色々なところで読むけれど、つまり判定する側の測りようでどうとでもなるということだ。ちなみに通常が5として判断する。私の場合PTによれば徒手で4プラスくらいにはなっているかと思うのですが。杖を使っている状態=障害ではないので、こういう基準でしかなくなるのだ。杖を使っているかどうか、独立歩行出来るかどうかということを書く欄はあるのだが。

 先生が書いてくれた後で、実際そこでもレントゲンを撮ったので聞いてみた。「先生、この前PTに完全な独立歩行をするには人工に変えるしかないって言われたんですけど、先生はどう思います?」って。いきなり来た患者にそう言われても・・・と思うだろうが先生はしっかり答えてくれた。
 先生は、まずレントゲンを見たけれども、術足の骨頭はあまり良い状態とはいえないだろう。レントゲンだけなのでつぶれているということとも言えないし何とも言えないが、この骨頭だと歩くのに痛みがあるだろうということはわかる。そもそも免荷というのは骨がつくまでの間に過度に力がかかってはいけないのでするものだけれども、骨はもうついている。だから今まだ免荷しなさいっていうのは骨に対してではなく、骨頭に対して(医大の先生は)言っているのだろう。それに回転骨切りでは、壊死範囲が広すぎると回しきれないということがある。回しきれないとまた再圧潰することが多い。半年経ってもまだ杖をついているというのは、骨頭がこれ以上つぶれないようについているのだろう。この先人工にしたらいいかというのは、人工のほうがはるかに扱いやすいというメリットはあるが、20代で人工にするデメリットは知っているね?(私:はい)色々な弊害があるし、20代で人工にした人を知っている?(私:本では知っていますが、実際には知りません)人工にせず今のままでは、これ以上よくなるということは考えにくいので、完全独歩をするのは難しいだろう。人工にする、しないにせよ今すぐ判断するのはまだ時期早々だ。今杖が手放せなくても、これからあと半年で家の中は手放しで歩くことが出来る、けれど外だとT字をつく、というそれくらいのレベルには達することができるかもしれないからだ。だけど完全にとなると難しいのではないだろうか。だからとりあえず1年は最低見守るべきだろう。

 とのお達しでした。そうだよねそうだよね・・・だけども・・・。
 こうしてあとは役場に出したらこれが手帳となる形でやってくるかと思うと(もちろん却下されるかもしれないけれど)なんだかすぐに出す気にはなれないのである。

 1Q84のBOOK3が来年夏をめざして執筆中らしい。嬉しい!
PR

はじめまして☆

骨頭壊死と診断されて約1年の28歳、福ママといいます。
膠原病(大動脈炎症候群)の治療で使ったステロイドが原因と言われました。
私も骨切り術を勧められていましたが、膠原病が安定しないので、今はとても手術できる状態ではないと言われました。
毎日足の痛みに耐えながら生活しています。
気休めかもしれませんが、週2回リハビリにも通っています。

また、遊びに来ます☆
by 福ママ URL 2009/09/19(Sat)17:59:53 編集

こんにちわ☆

福ママさん

こんにちわ。
実は私、少し前から福ママさんのHPこっそりロムらせて頂いてました(^^);
先日入院されていた時、心配していました。その後具合はいかがでしょうか?
膠原病・・・お互い持病があるとつらいところですね。
ちなみに骨切り術はとーってもとてもしんどかったです(笑)
何か骨切りのことで私に答えられることがあればご協力させていただきますので、
また遊びに来て下さいね♪
by ryoko 2009/09/20(Sun)20:36:11 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

日々のひとこと

CALENDER

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SEARCH THIS SITE

COMMENT

[09/06 ryoko]
[04/05 NONAME]
[05/30 ガンバ]
[01/04 福ママ]
[10/31 ryoko]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- sometimesUC,sometimesION --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]